京都のオリジナル着物(kimono) HOME > 着物の選び方 > 着物の保管について > 洗い張りについて

洗い張りについて

洗い張りは、古くからおこなわれている着物の洗い方の一種で、縫っている糸を解いてから洗う洗濯方法のことをいいます。洗い張りは、石油系の薬剤を用いるドライクリーニングとは異なり水洗いすることから仕上がりがさっぱりするのが特徴です。

洗い張りのやり方は、まず着物の糸をほどき一反の形にした上で洗います。その後仕立てを行いますが、新品の場合とは異なり、汚れた表地を好みの色に染め替えたり、裾が切れている八掛を変えたり、前後の身頃を交換したりして新しい着物に仕立て直すことができます。

お問合せ

きものおーとくちゅーるトレゾワ

〒604-8223 京都府京都市中京区新町通り四条上ル小結棚町431 ヴォール・ヴォランビル501

tel:075-231-3061