京都のオリジナル着物(kimono) HOME > 着物の選び方 > 着物の保管について > 着物を着終わったら陰干し

着物を着終わったら陰干し

着物を着用して外出などをした後家に帰って着物を脱いだらまず着物全体に汚れがないか調べて何か汚れなどがあれば布を水で濡らして固く絞り、その布で着物の汚れなどの部分を叩き、その後風通しの良い場所で着物をハンガーに吊って陰干ししておきましょう。陰干しする時間はだいたい半日から一日の間がよいでしょう。このとき注意しなければならないのは日光に当てないことです。着物を日光に当てると着物が変色してしまう危険があるからです。

お問合せ

きものおーとくちゅーるトレゾワ

〒604-8223 京都府京都市中京区新町通り四条上ル小結棚町431 ヴォール・ヴォランビル501

tel:075-231-3061