京都のオリジナル着物(kimono) HOME > 着物の選び方 > 着物の保管について > 本だたみ

本だたみ

本だたみは着物のたたみ方の一種で、長着をたたむ際の基本的なたたみ方です。丈については収納場所や使用するたとう紙に応じて三つ折りにしたり二つ折りにしたりして調節します。

本だたみは単衣や女物、袷、男物などをたたむ際に使用する方法で具体的には以下の通りです。

1.着物を、向かって左側に衿、右側に裾になるように置いて、上前は広げた状態のまま、脇の縫い目から下前を折ります。

2.手前に下前の衽を折り返して、内側に衿肩あきを折ります。

3.下前の衿と衽を上前の衿と衽に重ねてから背縫いで上前を折って、下前で重ねます。

4.下前と上前の脇の縫い目を揃えて、両方の袖が重なった状態にした上で袖つけから上前の袖を折り返します。

5.身ごろを二つに折り、着物を上下に返し、袖付けから下前の袖も折り返します。

お問合せ

きものおーとくちゅーるトレゾワ

〒604-8223 京都府京都市中京区新町通り四条上ル小結棚町431 ヴォール・ヴォランビル501

tel:075-231-3061