京都のオリジナル着物(kimono) HOME > 着物の選び方 > 着物の保管について > 夜着だたみ

夜着だたみ

夜着だたみは着物のたたみ方の一種で、刺繍などが施された振袖や留袖などのたたみ方です。

具体的な方法はいかの通りです。

1.まず2本の和紙にくるんだ棒状のものと、数枚の柔らかい和紙など、長さ60cm程度の綿を準備します。

2.裾を向かって右に、衿を左になるように着物を置いて、脇の縫い目から下前を折って、上前も同様に折った上で下前に重ねます。さらに衿肩あきを内側に折ります。

3.和紙などを用いて両肩の刺繍や紋・箔の部分を保護した後、両袖を袖つけから折って、前身ごろに重ね、両袖の紋も保護します。

4.身丈の半分程の場所に棒芯を置いて折りじわを防止します。

5.皺が出来ないように棒芯から内側に折り、棒芯をその上に置き、そこから再度内側に折ります。

お問合せ

きものおーとくちゅーるトレゾワ

〒604-8223 京都府京都市中京区新町通り四条上ル小結棚町431 ヴォール・ヴォランビル501

tel:075-231-3061