京都のオリジナル着物(kimono) HOME > 着物の選び方 > 着物の保管について > 着物を着る前と後に注意すべきこと

着物を着る前と後に注意すべきこと

着物を着る際にはまず、綺麗に手入れされた部屋に移動し、着用する着物を広げられる大きな敷き紙を用意します。次に着物が汚れてしまわないよう手をしっかりと洗って清潔な状態にします。その際なるべく汗をかかない環境で行うことも大切です。

着物を着終わったら、湿気や体温を取り除くため着物はもちろんのこと小物類や帯などについても風通しの良好な場所に干しておきましょう。その際シミや汚れなどがついていないかチェックし、もしシミや汚れがついていれば迅速に専門家に預けて手入れしてもらいましょう。自分でなんとかしようとするとかえってシミや汚れが広がってしまう危険がありますし、シミの中には時間の経過とともに除去しずらくなるものもあります。

お問合せ

きものおーとくちゅーるトレゾワ

〒604-8223 京都府京都市中京区新町通り四条上ル小結棚町431 ヴォール・ヴォランビル501

tel:075-231-3061