京都のオリジナル着物(kimono) HOME > 着物の選び方 > 着物選びのポイント > 着物の衣替え

着物の衣替え

着物に関する伝統的な習慣として、着物の仕立て方法や材質を季節に応じて変える更衣というものがあります。現在では制服を着用する学生や社会人が夏服と冬服に衣替えするのが普通ですが、着物の場合、うすもの、袷、単衣というように年3回行われます。

うすものの着物は7~8月の2ヶ月間着用され、夏用の素材を用いて仕立てられます。単衣の着物は6月と9月に着用されるのが通常で、袷に用いる生地を裏地をつけることなく仕立てられます。袷の着物は10月~5月末までの間着用されるのが通常で、仕立て方法については裏地を表地に縫い合わせるというもので、羽二重などを裏地に、胴裏という生地を裏衿、裏袖、裏衽、裏身頃に、裾回しや八掛という生地を裾の部分に用います。

お問合せ

きものおーとくちゅーるトレゾワ

〒604-8223 京都府京都市中京区新町通り四条上ル小結棚町431 ヴォール・ヴォランビル501

tel:075-231-3061